リリースノート

Backblaze B2 Cloud Storageをご利用の方へ
  • qBackup 1.9.0.1かそれ以前のバージョンには、特定の状況でバックアップデータが正常に作成されない不具合があります。この不具合はBackblaze B2をバックアップ先とし、ネットワーク接続が不安定かつ、その他いくつかの条件に合致する場合にのみ発生するものです。これまで弊社内での利用中に不具合は発生しておらず、利用者からのお問い合わせもありませんが、対象バージョンを利用したバックアップデータをお持ちの場合は、最新バージョンで新規にフルバックアップされることをお勧めいたします。
  • Backblaze B2サービスのドメインが変更されました。2017年2月2日以降は古いドメインを使用できなくなる可能性があります。qBackup 1.6.0.5かそれ以前のバージョンをご利用の方は、ドメイン変更に対応した最新バージョンをご利用ください。

qBackup 1.10.0.0 2018年8月9日

新機能

  • [Backblaze B2] Application Keys機能に対応
  • [Wasabi] us-west-1リージョンを追加

改善

  • 小改善

qBackup 1.9.6.2 2018年7月26日

改善

  • [Google] 小改善
  • その他の小改善

修正

  • 隠しファイルとシステムファイルのバックアップ除外処理でエラーになる場合がある不具合
  • バックアップの終了処理でエラーになる場合がある不具合
  • その他の軽微な不具合

qBackup 1.9.5.2 2018年7月19日

改善

  • [Google] 小改善

修正

  • 特定の状況でバックアップ時に「ファイルツリー情報の作成にエラーが発生しました。」のエラーが発生する不具合を修正

qBackup 1.9.4.1 2018年7月3日

改善

  • [Amazon S3, Google, Azure] 小改善

修正

  • 特定の状況でバックアップ時に「ファイルツリー情報の作成にエラーが発生しました。」のエラーが発生する不具合を修正

qBackup 1.9.3.3 2018年5月31日

新機能

  • [Amazon S3] リージョンを追加: EU (パリ)、中国 (寧夏)
  • [Google] ロケーションを追加: モントリオール、北バージニア、サンパウロ、ロンドン、フランクフルト、オランダ、ムンバイ、シンガポール、シドニー

改善

  • [Oracle, Rackspace, Backblaze B2, S3互換, OpenStack] 小改善

修正

  • [SFTP] 一部のSFTPサーバーで正常に動作しない不具合を修正

変更

  • [CLI] JSON出力のインデントを変更

qBackup for Windows 1.9.2.3 2017年11月4日

修正

  • [Windows] 特定の環境で起動できない不具合を修正

qBackup 1.9.2.1 2017年11月3日

改善

  • [Backblaze B2] 小改善

修正

  • [Linux] 特定の環境で起動できない不具合を修正
  • リストア先にシンボリックリンクのディレクトリを指定するとエラーになる不具合を修正
  • 履歴更新およびインデックスの同期時に、ストレージに意図しないファイルが存在するとエラーになる不具合を修正

qBackup 1.9.1.10 2017年2月28日

改善

  • [S3] 小改善
  • [Backblaze B2] 小改善

修正

  • [Oracle, Rackspace, Backblaze B2, OpenStack] 不安定なリトライ処理を修正
  • [Backblaze B2] 特定の状況でバックアップデータが正常に作成されない不具合を修正

qBackup 1.9.0.1 2017年1月4日

新機能

  • Amazon S3 の EU (London) リージョンと Canada (Central) リージョンに対応

修正

  • バックアップ時にファイルツリー情報の作成処理でエラーが発生する場合がある不具合を修正

qBackup 1.8.0.7 2016年12月28日

新機能

  • バックアップ・リストア時に処理速度を表示する機能を追加

改善

  • ストレージ画面とログ画面にプロジェクト名を表示
  • 無効な除外パターンを入力したときにエラーメッセージを表示

修正

  • バックアップエラーが発生した時に「ファイルツリー情報を作成中」の状態のまま終了しない場合がある不具合を修正
  • 「隠しファイルを除外する」を指定するとWindowsのルートドライブが除外される不具合を修正

qBackup 1.7.0.14 2016年12月20日

新機能

  • パターンによる除外設定を追加

改善

  • Backblaze B2のドメイン変更に対応
  • 処理履歴画面に結果に応じたアイコンを表示
  • スケジュール実行時に対象プロジェクトが見つからない場合はアプリケーションを終了するように変更

修正

  • マイナーフィックス

qBackup 1.6.0.5 2016年12月7日

新機能

  • インデックスの削除機能を追加
  • ストレージ画面にファイルの作成日時の列を追加(環境によっては正確な作成日時が表示されません)

改善

  • バックアップ、リストアが"エラー"として終了した場合はメッセージを表示するように変更
  • ポップアップ画面の位置を記憶しないように変更

修正

  • Backblaze B2 Cloud Storageへのバックアップ時、バケットが存在しないとエラーが発生する不具合を修正
  • 「エラー時に処理を継続する」がオフでもリストアエラー時に処理が中断しない場合がある不具合を修正

qBackup 1.5.0.3 2016年12月2日

新機能

  • オブジェクトストレージのプロジェクト設定時に、既存バケットの一覧から選択する機能を追加

改善

  • プロジェクト設定画面の一部項目をマスク表示するように変更(Amazon S3のシークレットアクセスキーなど)
  • スケジュール実行時にエラー、キャンセルで終了した場合もプログラムを終了するように変更

修正

  • マイナーフィックス

qBackup 1.4.0.112 2016年11月14日

新機能

  • ストレージ使用量の表示機能を追加

改善

  • 一部のオブジェクトストレージについて、ストレージ削除時の API 呼び出しを改善
  • [Windows] インストール時に旧バージョンが存在する場合はアンインストールするように変更

修正

  • 特定の条件でバックアップ開始時、終了時にエラーが発生する問題を修正
  • 特定の条件でリストア時にエラーが発生する問題を修正
  • 特定の条件で履歴更新時にエラーが発生する問題を修正
  • その他マイナーフィックス

qBackup 1.3.0 2016年10月31日

新機能

  • Google Cloud の対応リージョンを追加:日本 (asia-northeast1)、Western United States (us-west1)
  • Google Cloud の新しいストレージクラス 「Coldline Storage」に対応

修正

  • マイナーフィックス

qBackup 1.2.0 2016年10月4日

新機能

  • プロジェクト設定のインポート・エクスポート機能

改善

  • Backblze B2 Cloud Storage の認証トークンが期限切れになった場合のリトライ処理を追加
  • [Windows] 一部のバイナリファイルに署名を追加

修正

  • SFTP サーバーへの接続確認時にキャンセルするとエラーメッセージが表示される不具合を修正
  • その他マイナーフィックス

qBackup 1.1.0.107 2016年9月27日

新機能

  • 対応ストレージ追加
    Oracle Storage Cloud Service
    Rackspace Cloud Files
    Backblaze B2 Cloud Storage
    S3 Compatible Storage
    OpenStack Swift
  • プロキシサーバー対応

改善

  • リストアパフォーマンス改善

修正

  • マイナーフィックス

qBackup 1.0.0 2016年7月26日

初版リリース